何気ない行動が実は薄毛対策とは逆効果なんてことは起こり得ます。薄毛に効く薬剤やサプリなどを使って気を付けていたとしても、日常のある行動が足を引っ張っている、なんてことは本末転倒です。気を付けるべきポイントをチェックしてみましょう!

薄毛対策のための禁煙

若い女性

育毛サロンに行くと、喫煙をしているか聞かれます。
喫煙をしていることを伝えると、禁煙するように勧められます。
禁煙は簡単なことではありませんが、育毛を確実に阻害します。
タバコに含まれるニコチンは毒性が非常に強く、ニコチン水にミミズを入れると死んでしまうのは有名です。
人間に身体にも多大なデメリットがあり、がんの原因となるだけでなく血行不良を招くのです。
毛細血管を収縮させることで、血管の流れを悪くします。
それにより髪の毛にも影響が行き渡りにくくなり、全体的に細くなってくるのです。
薄毛対策をするためには、なるべく早く禁煙することが大切です。
禁煙は無理なのでサプリメントを飲んでタバコの害を相殺しようと考える方がいますが、禁煙に勝る健康法はありません。
サプリを100種類飲んでも、タバコの害はそれ以上に強いのです。
血行不良を招くと薄毛になる理由はシンプルです。
食事から摂った髪の原料が、毛根にうまく運ばれないからです。
血液は栄養素を細胞に送り届けるために欠かせないものです。
血液が流れなくなった細胞は壊死してしまいます。
そこまでの症状ではなくとも、血流が悪くなることは全身に多大なデメリットを発生させます。
血行が促進するだけでなく、冷えも招くので代謝が下がります。
毛母細胞がうまく機能しなくなり、健康な髪が生えてこられなくなります。
喫煙習慣のある方に見られる薄毛は、髪が全体的に薄くなっていくものです。
抜け毛も増加しますが、びまん性の薄毛に近い症状が見られるようになります。
髪の本数が多くても、1本1本が細くなると毛量が減ります。
やがて地肌が目立つようになってきます。
喫煙による薄毛を解消するには、タバコをやめる以外に方法はないのです。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索