何気ない行動が実は薄毛対策とは逆効果なんてことは起こり得ます。薄毛に効く薬剤やサプリなどを使って気を付けていたとしても、日常のある行動が足を引っ張っている、なんてことは本末転倒です。気を付けるべきポイントをチェックしてみましょう!

薄毛の男性は結婚を逃す

脱毛している人

薄毛は皮膚の個性と言われてきましたが、若い人ほど気になるものです。
男性は、早い人だと思春期を過ぎると薄毛が進行してくることもあります。いわゆる若ハゲというやつです。これはちょうど20~30代の結婚適齢期にあたるので、婚期を逃してしまう可能性があります。
薬剤性や自己免疫疾患などで起こるのは一時的な脱毛ですが、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けて脱毛が起こるのは進行性の脱毛症で、AGA(男性型脱毛症)と言います。
CMなどでも盛んに宣伝されて、メディアによってAGAは病院で治せるということが知られるようになりました。
薄毛で悩み、その治療のために病院を受診する人は徐々に増えています。昔よりもAGAの男性が増えたというよりは、治せる症状であること、治療できる病院が登場したこと、また治療方法が確立したこと、などが患者数の増加に反映されているようです。
また、AGAは加齢によっても起こるので、高齢化の影響で患者数が増えているとも言えます。
いずれにせよ、若いうちの薄毛は自信を損なう原因になります。髪だけでその人の魅力が決まるわけではありませんが、若い女性としては髪のある男性に惹かれるというのも事実です。
また、AGAによって薄毛が進行して自信がなくなり、容姿に気をつかわなくなり、男性としての魅力を自分から下げてしまう可能性もあります。
これを回避するには、髪を取り戻す努力を少しでもすることが大切です。今ではAGAを治療するための画期的な飲み薬もあります。軽症であれば、育毛剤やサプリメントなどを利用して回復できる可能性もあります。
諦めないで髪と自分自身を大切にすることで、婚期を逃さないようにしましょう。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索